来年の手帳はこれに決めた!2019年度編

皆さん、今年の手帳は決まりましたか?

私は毎年悩みに悩んで、スケジュール帳を決めているのですが、結局今年もこれにしました!

CITTA手帳!

CITTA手帳2019 10月始まり

実は2019年はCITTAをやめようと思ったんですよね・・・。

CITTAをやめようと思った3つの理由

第一の理由は、重い。

メモスペースも多く、A5サイズと言うこともあり、かなりの重さがあります。

なので持ち歩く事は諦め、家でスケジュールの整理をするときに主に使っています。

私の場合は、もともとiPhoneでスケジュールを管理していたので、iPhoneから手帳に書き写すことで、スケジュールのおさらいになるんです。

 

 

2つ目の理由は、紙が良すぎる。

これは重さの原因ともなっていますが、とても紙がしっかりとしていて、裏写りがないようになっています。

作った方のこだわりの1つなんですが、ここまでいい紙を使わなくてもいいのになぁと思ってしまいます。

ほぼ日手帳のトモエリバーが懐かしい。

 

 

3つ目の理由は、サイズが大きい。

この手帳はA5版なのですが、B6版もぜひ出してもらいたいところ。

またカバーは自由に選びたいので、中身だけというのも出してくれたら、ありがたいなぁと思います。

 

結局CITTA手帳にした3つの理由

でも、結局CITTAに落ち着いたのには、こんな理由があるからなんです。

CITTA手帳2019マンスリーページ

1番大きな理由が、マンスリーが見開き2カ月間載っていること。

これが思いのほか便利なんです!

月またぎのスケジュールや、翌月のイベントを頭に入れるのに、すっごくイイ!

ありそうで結構ないんです。結局他には見つけられませんでした。

また、マンスリーはマンスリーでまとまっていて欲しいのですが、だいたいの手帳は、ウィークリーの前にその月のカレンダーが入っている作りがほとんど。

それだと、毎月のマンスリーページが飛び飛びで、先ほどのような月またぎのスケジュールが管理しにくいのです。

 

2つ目の理由は、バーチカルが左に寄っていて、右にフリースペースがあること。

もう少し小さいサイズを探していたのですが、そうするとウィークリーページが端から端までびっしりとなっていて、スペースがあってもほんのメモ程度。

↓私はこんなふうにチケットを貼ったり、

CITTA手帳2019ウィークリーページ

その週にやることや、

調べ物を書き込んだりしていたので、

やっぱりこのスペースは必要でした。

 

最後は、ガントチャートが使いやすい。

ガントチャートは去年のCITTA手帳で初めて使ったのですが、大物の買い物した時や、洋服などを買った時にイラスト入りで書いています。

見直す時にもとてもわかりやすく、値段なども記録できるので便利に使っています。

 

 

CITTA手帳は自主出版ってしってました?

手帳マニアの青木千草さんが、こだわり抜いて作った手帳で、今年で出版6年目。

これだけ売れてるので、すっかりどこかの出版社から出してるのかと思いました。

だからサイズ違いで2種類出して!なんて、なかなかできないのかも・・・。

 

とはいえ、一粒万倍日や満月・新月の日なども載っているし、メモページもかなり多いし、しかも方眼仕様になっているし、パタンと開くし、しおりも3本付いているし、月の初めにはワクワクLISTなどもついていて(これはなかなか使いこなせないので、旅行の持ち物リストになってることもしばしばですが(^-^;))、非常に考えられた手帳です。

好きなとこ、他にもいっぱいあるじゃん(^-^;)

と言うことで、2年連続同じ手帳を使うのは初めてですが、今年もCITTA手帳のお世話になろうと思います。

 

もし、手帳で悩んでいる方のご参考になれば幸いです。

コメントを残す