オーナー・リフトアップ専門エステティシャン 建部 和美 Kazumi Tatebe

~正しいケアで、「キレイな肌」を取り戻す~

1967年東京生まれ、埼玉県草加育ち。

19歳の時、小笠原父島でアルバイト中にスカウトされ、モデルを経て、『トゥナイト2』ほか、情報番組のリポーターとして活躍する。

過酷な仕事によるストレスで肌荒れやニキビに悩む中、20代前半で「エステ詐欺」に大金をだまし取られ、「自分の肌は自分で治す」と決意。

雑誌で知った「佐伯式ローションパック」を試したところ、劇的に肌が改善し、「より深く学びたい」と佐伯チズの『チャモロジースクールプロフェッショナルコース』3期生となる。

2007年に「佐伯式認定ビューティシャン」に合格し、下北沢に隠れ家サロン「セミュー」をオープン。

1日2組限定で、お客様のお肌と体調にじっくり向き合うオーダーメイドの施術とホームケアアドバイスは、「肌がよみがえる」と好評。

経験から生み出したオリジナルの上半身マッサージは、筋肉をほぐし、詰まりを流すことで、リフトアップはもちろん、長年の肩こりが解消したという喜びの声も多い。

NHKラジオ「ラジオビタミン」の美容コメンテーターも4年間務める。AEAJアロマテラピーアドバイザー、薬膳アドバイザー、バイタミックス公認インストラクター、レイキヒーリングの資格も所有。

内側からの美をサポートするために、アロマや食のアドバイスも行い、「美のホームドクター」として絶大の信頼を得ている。