zoomで使えるキレイのヒント③「照明の使い方」

自粛期間には、zoomを使ってのミーティングが多くなります。

初めての人やビジネスミーティングでは、見栄えやモニター越しの印象をよくすることが必須です。

テレビ業界で働いていた私の知識から生まれた、zoomでのキレイのヒントシリーズ。

「カメラの位置」
「目線」

と順にご紹介してきました。
今回は照明について、特に女性の場合には、肌をキレイに見せるために「照明」を使うことが必要です。

 

zoomでキレイに映る照明の明るさは?

今時は、プロフィール撮影とか、写真スタジオとかで、スチールカメラの照明の明るさに慣れてる方も多いかもしれません。

動画の撮影も同じように、明るい中で撮影しますが、その時の照明は思ってる以上に明るいです。

よく街でロケしてると、照明の明るさで気がつくことってありません?

zoomや他のソフトでのオンライン会議の時も、本当はあれくらい明るいのをキープしたいんです。

そういえば、

前にすごーく予算のない番組で、ディレクターさんが、
「今週は照明さんお願いしないで、照明は俺がやる。」
と言ってやったけど、地上波とは思えない絵面になったことがありました。

映った私たちも、酷い顔してたなぁ・・・。

照明、なめちゃダメです(^-^;)

 

 

最低限これくらいはしてときたいzoomの明るさセッテイング

zoom照明セッテイングの方法を考える

でも、こんなテレビの照明さんくらいは無理としても、
最低限、これだけはやってほしいというのをお伝えしますね。

 

・逆光は避ける(蛍光灯の逆光も!)

・自分自身に明かりが来るようにする

 

この2つ。

多少暗くても「まいっか。」と思ってるかもしれませんが、思ってる以上にweb上では暗いです(泣)

顔とか、ガッサガサに、ぼやんぼやんに映っています。

まず「逆光を避ける」ですが、これは昼間の太陽の明るさのことだけではありません。

夜、リビングの片隅でzoomしている時は、リビングの照明が背中の方にあって、顔が真っ暗になっていません?

後ろを通る家族の方が、バッチリ明るく映っていたり・・・(笑)

 

 

明かりは斜め前から当てる

デスクライトでもいいので、基本的に明かりは。自分自身に明かりが来るようにしましょう。

方向は斜め前の方から当てるようにしてください。

そうすることで、顔に陰影が出て、立体的に見えるんです。

上からも下からも正面からも照明を当てすぎると、のペーとした顔になってしまいます。

 

後ろの壁には光が当たっていなくても、
(バーチャル背景でなんとかなるし)
自分自身に出来る限り光が当たってるように!

 

頑張って大きい照明買ったよーっていう人は、
のペーっとしないように、少し遠くから当てみて。

近いと顔がテカるし、またさらに後ろに影が出ちゃうしね!

 

 

照明にトレーシングペーパーを使う時のコツ

あまり照明との距離が取れないとか、
光が強すぎる時は、
トレーシングペーパーを洗濯バサミで
止めたりして、明るさを柔らかくしてしてみてくださいね!

その時のポイントは、

トレーシングペーパーをふんわりカバーして、金のピンチで止めること。

 

そうすることで、光は柔らかくなり、ただトレーシングペーパーを当てるより、さらに明かりに広がりが出ます。

 

私もパソコンのカメラが暗いし、
照明も検討中なんですけどね(^-^;)

いいのが見つかったら、
またシェアしたいと思います!

トレーシングペーパーを使った照明の方法については、安いLEDライト用のディフューザーを自作したよ(コスト1個50円くらい)を参照してみてください。

 

自作のレフ版を使って、顔を明るく見せる方法

 

『10min FOCUS MAPPING』オンライン講座初級の講座日程

10min FOCUS Mapping 2020年5月23日(土)13:00〜14:30

毎日の予定をクリアに、行動できる1枚を書く!

『10min FOCUS MAPPING』オンライン講座初級

すでに200人以上の方が変化を実感!

『10min FOCUS MAPPING』オンライン講座初級の詳しい内容はこちらから ノートの使い方で未来が変わる・世界が変わる、方眼ノートメソッド
2020年6月20日(土)10:00~16:30

「方眼ノート1dayベーシック講座」
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です