zoomで使えるキレイのヒント①「かなり重要!カメラ位置」

建部和美です。

先日おもしろいリクエストをいただきました。

zoom社会だからこそ、建部さんにこんなこと聞きたい!ということで、

新しい企画をスタートしたいと思います!

それは、

zoomで使えるキレイのヒント!

なぜかというと、私これでも

若い時はテレビ・ラジオ業界で、出演者として働いていました。

雑誌モデル、リポーター、ドラマ、キャスター、CMモデルなどなど。

なんだかんだ20年くらいやっておりました。

CS局ではありますが、

番組のメイン司会も10年以上努めさせていただきました。

(ウィキペディアにも載ってるんですよー!)

あ、今もショップチャンネルに出させていただいています(^-^;)

ということで、

今日から何回かにわたり、テレビの向こう側にいたからわかる、

zoomでのキレイに見えるヒント!を

お伝えしていこうと思います。

 

かなり重要!カメラ位置

 

今、毎日のようにzoomで大人数で

セミナーやミーティングを受けることが多いのですが、

特に講師をやるなら、

カメラ位置はすっごく大切です!!!!

いや、見てるだけの人も油断しすぎだから、できれば覚えておいて欲しい。

カメラ位置の基本は、目線と同じです。

立ってリポートする時など、カメラさんは肩にカメラを構えるので、ほぼ目線は同じ。

スタジオでこちらが座っていても、大体カメラは目線〜ちょっと上くらい。

 

 

やはりそれくらいが一番キレイに見えて、

目線があって、相手に伝わりやすいからなんですよね。

 

実は知らないうちに+10歳の顔を晒しているかも・・・

 

大体zoomでありがちなのが、

みんなカメラの位置が低い!

これは大きく損をしていますっっっ!

 

 

だって、これ聞いたことあります?

 

 

 

 

手鏡を持って、上を向いた顔はマイナス10才。

下を向いた顔はプラス10才!!!

 

 

 

 

 

いつの間にか、

zoom上で10年後の顔を晒していたことになるんですっっっ

おっそろしい〜〜〜<(ll゚◇゚ll)>

 

あごは二重顎になるし、

目は小さく見えるし、

見下した目線もあまりよろしく無い・・・。

(特に講師の方はご注意。)

 

いますぐ、スマホやパソコンのカメラの位置を

目線まであげてください。

 

お手頃なオススメzoomアイテム

スマホなら高さの変えられる簡易的な三脚で十分。

例えばこんな感じ。

 

いわゆる自撮り棒三脚付き

 

パソコンも、何か台に載せるとか、

こんな風なパソコン用の台を使うとか。

ノートパソコンスタンド 折りたたみ式

このパソコンスタンド、私も使ってます!

zoomで使えるノートパソコン用折りたたみスタンド

折りたたみができるので、

部屋を変えてパソコンをやる時や、

動画を見るのも楽!

この写真はMacBook Pro15インチを立てかけたところ。

 

机の高さにもよりますが、いちいちティッシュケースを持ってくるより、熱もこもらないし、下にスペースが開くので、私はデスクライトをよりパソコンの近くに置けるので、便利です!

 

 

スチールカメラの場合は、遠くから撮るので、

腰の位置あたりから撮影した方が

足が長く見えるという利点がありますが、

とにかくカメラ位置が近いzoomの場合、

カメラ位置は目線!と覚えておいてくださいね!

 

一緒に、こちらもご参考にしてくださいね。

◉zoomで使えるキレイのヒント「目線」

◉バーチャル背景で楽しむ

◉オンラインで使うマイクはコレだ

『10min FOCUS MAPPING』オンライン講座初級の講座日程

10min FOCUS Mapping 2020年5月23日(土)13:00〜14:30

毎日の予定をクリアに、行動できる1枚を書く!

『10min FOCUS MAPPING』オンライン講座初級

すでに200人以上の方が変化を実感!

『10min FOCUS MAPPING』オンライン講座初級の詳しい内容はこちらから ノートの使い方で未来が変わる・世界が変わる、方眼ノートメソッド
2020年6月20日(土)10:00~16:30

「方眼ノート1dayベーシック講座」
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です