漢方ハーブピーリングとは?

正式にはO.H.Lハーブピーリングといい、O.H.Lは、

Oriental Heab Labの略。

東洋人の繊細な肌に向けて、生薬の力を最大限に活かせる研究から開発されました。

従来のハーブ系ピーリングは棘のサイズが大きく、痛い・剝ける・顔が洗えない・メイクが指定のBBクリームしか使えないなど、日常の生活を送る上でハードルが高い施術でした。

一方、O.H.Lハーブピーリングは、中国の薬学書「本草網目」に掲載されている漢方成分でできたハーブピーリングパウダーで、成分を細かくして皮膚へ浸透させることができる、痛くない・剥離しない・ダウンタイムのない画期的なピーリングです。

OHLハーブピーリング成分

中に入っている漢方は、スギナ葉・茯苓・カイコエキス・どくだみ・半夏生・硫黄など。

FDA許可を取得しています。

ハーブピーリングの仕組みは?

ohlハーブピーリング

ご覧の3つのアイテムを使っていきます。

 

微細な粉末をソリューションで溶きます。
ソリューションは、ハーブピーリングパウダー専用の溶解剤。
表面の角質を除去し、皮膚の保護をします。
ハーブピーリングパウダーがしっかり皮膚へ浸透するように、pH調整をおこないます。

ハーブをしっかりと毛穴に入れ込んでいきます。

肌が乾いたら、O2スプレーをで肌を湿らせながら入れ込みます。
O2スプレーは、20種類以上の漢方薬剤成分と細胞成長因子を含有しており、
肌の再生と保護に効果が期待できます。
ハーブピーリング施術中に上から吹きかけることで肌への浸透を促します。

従来のハーブ系のピーリングよりも痛くはありませんが、私の体感としてザラザラ感はありました。

そのハーブ成分がお肌に入っていくと・・・

OHLハーブピーリング毛穴

●毛穴に入る

●菌を殺す

●炎症の源を殺す

●殺したものを外に出す

●新しい細胞を作る

微粒子のミネラルや栄養豊富なハーブ成分を肌の奥まで浸透させることによって、皮膚の細胞を刺激し、炎症の源に働きかけ、デトックスすることで肌の再生能力を上げていきます。

 

ピーリングと言っても、実際に皮がむけるわけではなく、当日からメイク可能です。

漢方ハーブピーリングはこんな方に受けてほしい

OHLハーブピーリング効果

ニキビ・ニキビ跡・アトピー・しみ・しわ・傷跡など、ありとあらゆる皮膚トラブルを改善が期待できます。

 

どのくらいで変化が起きる?

施術の頻度は、

●普通肌・アンチエイジングをお考えの方は、

1〜4回までは3日おき。5~6回目は1週間おき。その後は徐々に間隔をあけて月に1度がオススメ。

●ニキビ肌の方は、

1〜3回までは3日おき。4〜5回目は1週間おき。その後は徐々に間隔をあけて月に1度がオススメ。

5回目以降、1回ごとの施術の効果がより実感できます。

お得な回数券もご用意する予定です。

漢方ハーブピーリングのコースの詳細ははこちらから

お客様の変化