こんな物もぬか漬けに?漬けて美味しかった食材ベスト3!

こちらのオリーブぬか床を買ってから、すっかりぬか漬けに目覚めました。

オリーブぬか床に夏野菜などを漬けてみました

でも実は、ぬか漬けが苦手だった私。

たまに思い立って初めても、すぐに放置して捨ててしまったことも何度もあります。
(あー、もったいな!)

でも、今回はちょっといいぬか床を買ったこともあり、「無駄にしてなるものか!」と一念発起!

ちょっと視点を変えて、今まで苦手だったぬか漬け「大根・にんじん・茄子」以外のもので、楽しむことにしました 🙂

 

そうしたら、ぬか漬けの新たな美味しさを発見したんです。

ということで今回は、私の好きなぬか漬けベスト3をご紹介します。

 

 

これはむしろぬか漬けで食べたい ベスト3!

今までのぬか漬けの定番というと、

きゅうり・茄子・大根・にんじん

ってところでしょうか?

でもね、先ほども言いましたが、この中できゅうり意外全部苦手なんです。

実家はぬかを漬ける習慣がなかったので、食べ慣れていないこともあったんですが、なんかしょっぱくてクサイ・堅いって印象で。

 

でも!

自分でつけるようになって、


ぬか漬けはもっと自由でいいんだー!

ってことが分かったんですよね。

そこで、私がぬか漬けにして、これは良かったーーー!むしろぬか漬けで食べたい!というものを選んでみました。

 

 

第3位 長芋!

ぬか漬け 長芋を漬けました
一番手前の白いのが長芋。まぁ、これは定番の仲間入りに近いですかね。
適度な塩みと酸味がピクルスのような感じで、サクサク食べられて好き〜。
漬け方・・・10センチくらいの長さを横にスライスして、粘りが気になるのでキッチンペーパーに包んで漬けてます。
漬ける日数・・・好みですが私は2日
この日はきゅうりとオクラと干し椎茸と。

 

 

 

第2位 アボガド!
アボガドのぬか漬けの付け方
右手前がアボガド。
不思議なことに、色が変わらないんですよね。
にしても、これは美味しい〜〜〜!
酸味はほとんど感じないのですが、塩気が入って旨味が増すような、ねっとり感が増すような。
ワインのあてに最高です。
漬け方・・・半分にカットして、凹みにもしっかりぬかが入るようにペタペタ包んで、そっとぬか床の上に置きます。
取り出す時も、アボガドを崩さないように、そっとぬかを剥がしましょう。
漬ける日数・・・2日の方が塩気がちょうどいい気がします。
この日は、ズッキーニとトマトもぬか漬けに。

 

 

第1位 ゆで卵〜〜〜!

ゆで卵のぬか漬け
輝く第一位は、ゆで卵!
味玉とか、塩玉的な感覚ですかね。
こちらもまたねっとりとして、ちょうどいい塩梅で、美味しいんです〜。
ゆで卵の違う側面を発見したような、そんな感じです。
これもやっぱり乳酸菌とか増えてるんでしょうね〜。
この時はかなり半熟。もう少し固めの方が安心です 😉
半熟卵のぬか漬け、おいしかった!
漬け方・・・お好みの固さのゆで卵を作って殻をむき、ぬかでペタペタとぬかで覆って、そっとぬか床の上に置きます。
かなり半熟の場合は、万が一割れて黄身がこぼれ出さないように、ジプロックなどで他のものとは別に漬けましょう。
漬ける日数・・・これも好みですが、私は1日。
もちろん、あったかいご飯にも合います〜〜〜。

ぬか漬けのまとめ

とにかく、ぬか漬けは自由でいいのだ!ということ。

辛めが好きな人は、唐辛子を多めに入れてもいいし、

ちょっとニンニクが入ると、またそれもいいし。

ただニンニクは入れすぎには注意です!

スライス1枚2枚で十分ですよ。

 

その他ぬか漬けにした野菜は、ベスト3とともに紹介した、

ズッキーニ、トマト、オクラ、ミョウガ、パプリカ、コリンキーなどなど。

こうやって見ると、ぬか漬けもサラダの感覚でいいんだなぁと思います。

ぬかにつけることで、旨味と栄養素が増す!と思うと、

ドレッシングもいらないし、ぬか漬けって意外と楽なものです。

 

ただ、つけているのを忘れないようにするのだけは注意しましょうね。

(たまに急に外食になると、そのままうっかり忘れちゃうこともしばしば 😐

 

私の使っているぬか床は前回の記事をご覧くださいね。

こちらはぬか臭くなくてオススメ!

「栄養価5〜10倍!オリーブぬか床で美肌を目指そう!」

 

また最近では無印良品でもぬか床を出してますね。

Amazonのこれも美味しそう。

「冷蔵庫で育てる熟成ぬか床」

冷蔵庫で育てるぬか床

 

また秋野菜、冬野菜も追記していきたいと思います。

 

皆さんも是非初めてみて!

Roude de Porte C'est mieux

お客様のお肌に合わせて、施術内容やパックなどを変更いたします。
マッサージはオールハンド。
オーダーメイド感覚でお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です