☆小顔工房☆

さてさて、あっという間の金沢出張も終わり、
先日の「小顔工房」のお話です。

今まで「小顔」に関する、本やらセミナーやら、色々調べたくて行動を起こしたものですが、
やっと体験する日がやってきましたビックリマーク

お世話になったには東中野の「小顔工房」さん。
名前からして職人色ぷんぷんしますにゃ

さて行ってみると、なんとも小さい顔の院長先生!!

「これでも太ったんだよ」

とおっしゃるけど、いやいや隣に立つのがお恥ずかしい。

そんな小顔の院長先生が、親切に色々とご説明してくださいました。
でもポカーンとしている私に先生が実践。

最初にしたのは、立ったまま頬のふくらみを確認するように自分で触ったまま、
先生が肋骨をキュッと締めてくださいます。
すると、なんてことでしょうビックリマーク(ビフォーアフター風に)
締めた肋骨側の頬が細くなる~~~!!
今までカラダの筋肉と、顔のリフトアップの接点に関しての知識はあったものの、
骨格とこんなに関係があったの!?

骨格が広がると、内蔵も下がるし、全体的に下がるみたい。
っていうことは、骨格が閉まれば、全体的に上がるアップ
要約するとそうゆう事かな?

結局のところ、それをキープする「靭帯力」が必要らしいのだけど、
いまのところ整体もカイロもホメオなんとかも、それは出来ないらしいんです。
が!先生は出来ちゃうんですってクラッカー

それをキープするような体操も惜しげもなく教えてくださいました。

そして、いよいよ顔の番ニコニコ

頭蓋骨はいくつかの骨の組み合わせで成り立っていて、
赤ちゃんが生まれて来る時には、うまく小さくずれて産道を通ると聞いた事があるんだけど、
基本的にあごの骨は1枚なので、変更不可能。

でも先生がチョイチョイとあごを包み込むと、
あら不思議ビックリマーク
細くなっている~~~叫び

しかも片方づつ鏡を持ちながら確認できるので、輪郭の違いが一目瞭然目

なんで?なんでなの?

包み込んだ手に入る肉の量も確実に左右違うの!!

「ここの骨も出てるね」と、

さりげなく鼻骨のちょうど眼鏡がのるあたりも、
先生がなでなで~とすると、あっという間になくなってるビックリマーク

なんなのーーーーーーーーーーーーはてなマークはてなマークはてなマーク

いや~~~、不思議な体験をさせてもらいました。

もっとカンペキにしたい人は、

「エイジレス小顔コース」とか、
「プリンセス小顔コース」とか、
いろいろあるので、試してみるのもいいかもラブラブ

しかも元に戻らないしね。

詳しく知りたい方はHP見てみてください。

小顔工房→

コメントを残す